So-net無料ブログ作成

今週はマレーシアカップと函館記念 [競馬]

先週は土曜日に横山典弘に裏切られ、石川の逃げようかな?なんちゃってに軸馬のペースを壊されて連敗。

仕方ないと言えば仕方ないが、これも九星五行法の理解不足とエネルギー記号のちょっとした見解不足が招いているともいえる。

基本土曜日はTL馬である4・ワンブレスアウェイをヒモにしたのはOK。問題は逆ショッカーの3・7の順位付け、ここを間違っていた。そもそも馬を見ての順位付けはできないが、この2頭は先行実績のない同じ逆ショッカーの6・ペンタは確実に上回るので、6が3着候補。

で、基本九星五行法上、八白土星縛破り暗示【山】は枠番・馬番・馬名総画・騎手姓星のどれかに年日の直接暗示が無いと馬券に絡めないという特徴があったような・・・・・・。で、ばっちりそれに嵌ってた。

つまり、このレース軸馬がいない。軸馬がいない場合ダブル暗剣殺の馬が候補馬ならそれを軸にする。となると逆ショッカーの3枠3番は軸馬になる。

あと一つ、3着候補のS1ショッカーの2・9で、騎手強化の9・トミケンを選ばなかったこと。

つまり、取れてた・・・・・。このレース。




日曜日はもう、普通に予想したのが悪い。マルターズアポジーは三碧木星日に必用な絶対暗示がひとつかけていたため運に見放された形で、石川のめちゃのりにつぶされた。

一方、最後に迷って軸馬から相手候補に評価を落とした逆ショッカーの6・ゼーヴィントはレースの格が落ちた逆ショッカーという最強武装をして勝つべくして勝った。

一方、2着のマイネルフロストはXXC、のキープテンションの後という最悪の状態であるにもかかわらず、XXのエネルギー記号の特徴、能力のプラスアルファの継続。という補填によって走り切ってしまった。

この馬はチェンジオブペースによると買うべき馬だったのだ。

12・ソールインパクトはS1ショッカーで、決めたことのあるショックだったため計算通りでした。

まあ、運用1週目ではっきりとした理由がわかるならしめたものです。今後JRAのレースは芝1600m以上のレースをターゲットとして腕を磨いていきます。

今週はマレーシアカップと函館記念をやります。そろそろ大万馬券を炸裂させたいですね。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0